弊社の前身である㈱大法輪工業は1974(昭和49)年に専用機械の製造会社として設立し、30年間に渡り「大法輪の専用機」として多くのお客様からご愛顧を頂いておりました。
 2004年にアイシングループのアイシン・エーアイ㈱がその経営権を譲り受け、大法輪工業㈱の造機技術とアイシン・エーアイ㈱のマニュアルトランスミッション生産技術を融合させ、2007年には社名もエーアイ・マシンテック㈱として再スタート致しました。
 2009年8月にはアイシン・メンテナンス㈱のオーバーホール事業を合体し(設備・人・技術)、古い機械の再生事業へも積極的に参入致しました。
 経営理念は『私達はお客様第一を基本とし、技術力で満足と感動を提供します』
 伝統の技術を基に、新しい技術へ挑戦し続けるエーアイ・マシンテック㈱にご期待下さい。

 

                                    代表取締役 太田 則和